URLナビゲーション
     1. JCR-IF      2. CiteScore-IF     3. SCI     4. SSCI     5.AHCI     6.ESCI     7.EI     8. CSCD     9. CSSCI      10. NSFC

線形回帰と非線形回帰のためのRパッケージ「basicTrendline」


basicTrendline

Rパッケージ「basicTrendline」は 回帰パラメータを出力とともに、プロットと回帰直線を1ステップで直接実行できます。

Rパッケージ「basicTrendline」をチェックしたところ、Rパッケージ「basicTrendline」の出力結果は商用ソフトウェアOriginProの出力結果と完全に同じである。

特に、power functionを計算する時に、Rパッケージ「basicTrendline」は、商用ソフトウェアOriginProの出力結果より良い結果を得ることができます。